絵:富嶽三十六景 其の三十六 東海道江尻田子の浦略圖
画:葛飾北斎
初版:1830年頃

 この富嶽三十六景「東海道江尻田子の浦略圖」は現在の静岡県富士市付近の風景。渾身の力をこめて艪をかく漁夫達が乗る舟を描いています。
うねる波を諸ともせず力強く進む漁船、遠景の浜では塩田の様子が微細に描かれ、裾野を長く伸ばしている富士山という構図で描かれています。

1.うねる波
2.漁船
3.田子の浦
4.富士山
とこの絵を背景四面に分割し動画にしました。

共有: